• HOME
  • カラダのこと
  • バストとウエストの差はいくつ?黄金比で魅力的なスタイルを手に入れる

バストとウエストの差はいくつ?黄金比で魅力的なスタイルを手に入れる

カラダのこと

最近背中の肉が気になる・・・

年齢を重ねるにつれて、身体についてしまったお肉はなかなか落ちなかったりしますよね。

 

この際お肉が落ちないのであれば、せめてボディラインを整えて、メリハリのあるナチュラルビューティを目指したいところです。

 

 

ボディラインにあるといわれる黄金比、あなたは知っていますか。

ただ痩せることが魅力的なスタイルにつながるとは限りません。

 

今回は理想的なスタイルにつながる、バスト、ウエスト、ヒップの黄金比についてご紹介します。

 

細ければいいってものじゃない!バストとウエストとヒップの黄金比

黄金比を知る前に、まずは自分の体型を知ることから始めましょう。

 

ボディスタイルには4つのタイプがあります。

・I型

バスト、ウエスト、ヒップのサイズがほぼ同じで、スレンダーな人に多いのがこの体型。

I型はバストやヒップのボリュームがなく、ウエストのくびれがありません。

 

・A型

日本人に最も多い体型と言われているのが、このA型といわれています。

ヒップがバストやウエストに比べて大きく、下半身が目立ってしまう体型です。

 

・V型

逆三角形のような、ヒップよりバストが大きいV型。

バストや上半身に肉が付きやすいため、V型は意外とボディバランスが悪く見えてしまいます。

 

・X型

もっとも理想的な体型とされるのがこの体型で、男性が魅力的に感じる女性のスタイルもX型です。

ウエストにくびれがあり、バストやヒップもそれなりにボリュームがあります。

 

バスト、ウエスト、ヒップの理想的な比率は、10対7対10で、これこそが理想のボディラインの黄金比です。

例えばウエストが60cmであれば、バストとヒップ共に86cmであることが理想です。

 

体型によってアタックしなくてはいけない点というのは全く違い、ただダイエットを頑張ればいいというわけでもないといえます。

ウエストにはくびれ、バストやヒップには筋肉やほどよい脂肪があるほうが魅力的なんですね。

 

脂肪もチャームポイント!黄金比で自分らしい魅力的な体を作る

どうしても細い人が美しいと思ってしまいがちですが、女性らしい丸みがあるボディラインが好きな男性は多いです。

理想はあれど、細いサイズになることが理想のボディラインとは限りません。

 

あなたに合った本当の黄金比で、あなただけの魅力的な体を作る方が大切です。

 

 

まとめ

お肉がついてくると、落ち込みたくなる気持ちもわかります。

ですが、背中や二の腕、おなかのお肉は、マッサージやケアをすればバストへ動きます。

 

バストはそもそも脂肪で出来ていますし、脂肪もチャームポイントへなりますよ。

黄金比を参考に、自分らしい体を作りを目指してみてはいかがでしょうか。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA