ブラジャーのホックが壊れる原因を探れ!

その他ブラ

季節の変わり目には衣替えをしたり、イベントがあればお洋服がほしくなるように、ブラジャーも新調したり、購入したくなる人が増えるようです。

 

春夏は淡い色、冬秋は落ち着いた色など、海外女子のようにお洋服に合わせて下着を選ぶなんて、とても素敵ですよね。

 

それなのに、お気に入りのブラジャーのホックがすぐ壊れる、なんてことはありませんか。

 

ホックの破損は直すことができないので、着用できなくなってしまいます。

 

長い間使っていたわけでもないし、乱暴に扱っていたわけでもないはずなのに、そんなの悲しすぎます!

 

なぜそんなに使用してないのに、ブラジャーのホックは壊れてしまうのでしょうか。

 

その原因を探ってみたところ、洗い方が重要であるということがわかりました。

 

では見ていきましょう!

 

ブラジャーを洗濯機で洗うリスク

 

ブラジャーのお洗濯は、みなさんどうしていますか。

 

洗濯機でブラジャーを洗っている人が、意外と多いようです。

 

ブラジャー専用の洗濯ネットもあるし、洗濯機で洗っても何も問題はないと思いますよね。

 

私も数年前までは洗っていました・・・

 

もちろん洗えないわけではありませんが、ブラジャーは基本的に洗濯機で洗ってはいけないんです。

 

それに、洗濯機でブラジャーを洗った場合のリスクがたくさんあることをご存じですか?

・ワイヤー、カップが型崩れをする
・レースや生地がほつれてしまう
・ホックが壊れる

 

実際、私も洗濯機でブラジャーを洗っていた時は、ホックが壊れたり、ワイヤーやカップが歪んだりすることが多かったです。

 

どうしても洗濯機でブラジャーを洗いたい場合は、専用の洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗剤を使い、ブラジャーのみ単独で洗いましょう。

 

ですが、ホックが消耗してしまったり、ブラジャーの寿命も縮んでしまいますし、出来るだけ洗濯機で洗わないほうがいいです。

 

ちなみに、ブラジャーを乾燥機に入れるというのもよくないんですよ。

 

肩ゴムが熱で伸びてしまったり、やはりホックが壊れる原因にもなってしまいます。

 

また、ブラジャーは繊細ですので、ぜひ手洗いすることをおすすめします。

 

壊れ防止や生地・レースを守るためにもホックは留めて洗うのが正解!

 

 

ブラジャーをお洗濯をする際は、ホックは必ず留めて洗ってください。

 

また、片付ける際もホックは留めて片付けましょう。

 

生地やレースにホックが引っ掛かり、破けてしまったり、ホックが壊れる原因にもなります。

 

手洗いをしてホックが壊れないように気を付けていても、見た目がボロボロになってしまっては、せっかくの可愛いブラジャーが台無しに><

 

ひと手間ですが、着用する時以外も、必ずブラジャーのホックは留めましょうね。

 

まとめ

全然使ってないのに、なぜかホックがよく壊れてしまう・・・

 

そんな時は、取り扱い方法を見直してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA